東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
迎春堂鍼灸院について
他院との違いについて
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
不妊鍼灸効果について
安産治療
婦人科疾患
妊娠しやすい体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
不妊ダイエット鍼灸
更年期とその他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH




治療理念不妊症あれこれ不育症あれこれ体質改善
東洋医学(中医学)における不妊症診断 ●中国伝統療法による不妊鍼灸がもたらす効果について

  妊娠しやすい体質改善





中医学の理論と中国伝統療法の鍼灸・経絡気功マッサージ・吸玉(カッピング)・漢方温
熱パックなどを用いて、子宮卵巣・下肢・腰部などを温めながら活性化していきます。
個人個人の体質に合わせ身体のリズムを整えていきますので、妊娠する力だけではな
く授かった命を育む力と出産する能力をも最大限に引き出すようにアプローチしていき
ます。

中医学では、骨盤内の子宮・卵巣・卵管の血脈は経絡を通じて五臓(心・肝・脾・肺・腎)
など全身に繋がっており、その全身を通る「気・血・津液」が卵巣のホルモン分泌・卵の
育成・子宮内膜の厚さや柔軟性などに関わる栄養分の源になると考えます。
この「気・血・津液」の流れが滞ると身体の機能低下がおこり様々な不調としてあらわれ
ます。特に骨盤内は「気・血」が滞りやすいため、新陳代謝が低下し老廃物が蓄積しやす
くなります。
すると、子宮・卵巣・卵管周辺や身体全体にむくみや冷えとしてあらわれてきます。この
状態を長期間そのままにしていると不妊の原因となっていくのです。




中国伝統療法では、女性の自然なリズムである陰陽変化と生理周期(月経期・卵胞期・
排卵期・黄体期)それぞれの時期に現れる体調の変化に合わせて調整いたします。
妊娠・出産にはこの4つの周期が順調であることが大切ですから、まずは4つの周期を
整えていきます。また生理周期を体温で示すと大きく高温期と低温期にわけられます。
それらはホルモン分泌によって変化していきますのでホルモンによる体調の変化など
にも対応していきます。
それでは4つの生理周期それぞれについて説明していきましょう。

<月経期>
女性の月経血はご自身の身体の状態を把握するのにとても大切です。毎月、はがれ
おちた子宮内膜と古い血と一緒に老廃物を排出することは身体と子宮内の大掃除と
なっています。これが完全に排出出来ない状態だと次の子宮内膜の形状に影響する
のです。中医学でいう陽気不足による冷えがある方は、生理痛・頭痛・下痢・便秘・
のど痛・だるさなどの症状が多くでます。また冷えが長く続く場合気血津液の状態が
悪くなりその他様々な症状としてあらわれます。
<卵胞期>
女性ホルモンのエストロゲン分泌が高まり卵の成長が促進される大切な時期です。
良質の卵を育てるには、月経期とこの卵胞期の集中的な治療を重要視しています。
<排卵期>
卵にエネルギーが蓄積されていよいよ排卵がはじまる時期です。この時期体温は高
温期へと
一気に変化します。体内の循環を良くして栄養分をたくさん取り込み冷えないように
することで、良質の卵を順調に排卵することができます。
<黄体期>
受精卵を温かな環境で育てようと女性ホルモンの黄体ホルモン分泌が高まり、高温
期が続きます。黄体ホルモンにより十分の栄養を補いエネルギーを高めていきます。
また同時に子宮内膜は厚さを増していき柔らかな卵の温床を用意し始め、着床しや
すい環境を作っていきます。高温期が安定しない、短い、高温にならない、などの場
合は受精卵や子宮内膜の発育が弱いと考えます。




1. 五臓をめぐる経絡ツボによる全身調整
五臓(心・肝・脾・肺・腎)など全身をめぐる「気・血・津液」を調整することにより、全身
のエネルギーを高め身体のすみずみまで元気にし、五臓の経絡から女性特有の経
絡へ「気・血・津液」を流すことにより生殖機能をUPさせます。
2. 女性特有な妊娠生理に関する経絡ツボを調整
女性の身体には生理や妊娠に重要な経絡があります。この経絡は五臓に繋がって
いますので五臓のエネルギーをUPさせるとともに相乗効果で、子宮・卵巣に新鮮な
栄養分が行きとどき、その結果着床妊娠、無事な出産へと導くことができます。
3. 心と脳の経絡調整
心や脳へアプローチする経絡もあります。精神的に疲れていると脳にも影響を及ぼ
します。脳にある視床下部-下垂体系はホルモンコントロールをしている大切な部
分ですが、ストレスに敏感な場所なので精神的な疲れはホルモンバランスを乱して
しまいます。生理や妊娠にはホルモンバランスは重要ですので、心と脳も調整して
いきます。




中国古代黄帝内経の書では人間の身体や心の状態を、自然界の…木(肝)火(心)
土(脾)金(肺)水(腎)という五臓(五行)の5タイプに分類しています。
あなたの状態が一番多くあてはまるのはどのタイプでしょうか?試してみましょう!

木(肝)…働き:自律神経調節・血液貯蔵・血分布調整
    …症状:生理量関係・イライラ・怒りやすい・目の疲れ、乾き
心(火)…働き:精神活動・全身の循環
    …症状:動悸・不安感・心配性・不眠・口内炎・歯肉炎
脾(土)…働き:消化吸収・水液代謝・老廃物排泄の補助
    …症状:胃腸虚弱・消化不良・不正出血・むくみ・身体が重だるい・眠りが浅い
肺(金)…働き:呼吸機能・血中の酸素を細胞に供給・毒素排出
    …症状:風邪ひきやすい・咳・咽頭痛・アトピー性皮膚炎・皮膚疾患
腎(水)…働き:生殖発育機能・水液代謝のコントロール・ホルモンコントロール
    …症状:冷え・生理量関係・妊娠能力の低下・むくみ・脱毛・白髪・腰肩の痛み

△『不妊治療』TOPページに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.