東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患

 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
体質改善
安産治療
婦人科疾患
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH




携帯サイトは
こちらへ

  不妊に関わる婦人科疾患




子宮内膜症

内膜症は不妊の原因となりやすいということをご存知ですか?

子宮内膜とは子宮の内側を覆っている膜で、女性ホルモンの周期によって
月一回脱落します。
これが月経となります。通常の月経では脱落した子宮内膜は月経血として
陰道に排出されます。しかし内膜症は、何らかの原因により子宮内膜組織が
子宮以外の骨盤腔内に飛び出し、増殖し脱落するために出血を繰り返してし
まいます。

子宮内膜症について、中医学では下腹部の骨盤腔内に強い血瘀(停滞した血
液)があると考えます。
下腹部の血行不良により、血液が運ぶ栄養素や酸素が充分に供給されず、腰・
腹部・子宮・卵巣周囲・下肢の深部などの冷えとなります。
また、循環不良により老廃物も溜まりやすくなり、排卵時
や卵が育つためなどの様々なホルモン分泌障害なども起こします。ホルモン
は子宮内膜の厚さや軟らかさに影響を与えるため、着床しにくい、流産しや
すい体質になるなどの原因とも考えられています。


1)子宮内膜と他組織の親和性
内膜には粘着性があります。よって繰り返し出血・増殖することで周囲の組
織に癒着を起こします。
癒着した周囲の組織は気・血・水の循環不良をおこし、局所の虚血や器官の
機能低下、炎症症状などを起こしやすくなります。


子宮内膜症の症状

不妊の原因の中で当院では、子宮内膜症が一番多く見受けられており、瘀血や
冷えが内膜症原因の一つとも言われております。
たとえ妊娠しても流産しやすくなってしまう恐れもあります。
それだけ厄介であると同時に、子宮内膜症の癒着の大きさの程度、及び場所に
よって現れる症状が様々です。

*激しい生理痛(鎮痛剤等が必要)
*生理中、排卵中のお腹の膨満感、ガスが溜まりやすくなる。
*腰痛、排便痛、性交痛
*生理不順
*不正出血、(生理前、生理後に出血がある)
*おりものが少ない
*20代~40代の女性に多くある
*内膜症の発生部位によっては、症状が現れないことがあり、内膜症であって
 も放置してしまうケースがある

子宮内膜症の癒着部位別の現れる症状について
*卵巣に癒着の場合、卵巣嚢腫になる確率が高く、卵が育ちにくい
*卵管に癒着の場合、精子と卵の出会いが難しくなる
*卵管の先の傘の部分に癒着の場合、傘の部分の伸縮性が奪われるために、
 卵巣から出た卵をPICK UP出来なくなる
*子宮に癒着の場合、腺筋症に発展したり、着床しにくくなる


子宮内膜症における中国伝統鍼灸治療の効果について

当鍼灸院に来院されている患者さんの90%は婦人科疾患を患っております。
中国伝統療法と現代最新技術で、軽い子宮内膜症から難治と言われる内膜症に
対し、産婦人科医師35年以上の実績を持つ院長と、女性中医師の副院長による
他にない独自の治療法と不通則痛理論に基づいて治療を行います。
不通則痛理論について、通じないということは停滞、渋滞があるということ
であり、滞っている状態です。水や空気など停滞や、滞りで腐ったり、淀んで
きたりします。
また道路などでも、停滞や渋滞が起こると全てがうまくいかなくなります。
これは人体でも同じことなのです。
ホルモン関係のある頭から足まで治療を行う特有な伝統治療、特殊な経絡の
ツボを使用しながら、漢方イオン効果の温パック、子宮、卵巣の細胞を活性
化する磁石を使用し患部につけて行きます。
この磁石とは磁場によって子宮、卵巣、骨盤内の冷え、滞り(瘀血)と老廃物
を流して行きます。その効能は、子宮内膜症の改善、生理の正常化、子宮内膜
症からの生理痛を95%改善します。
この様にして、子宮、卵巣、骨盤内を改善し、良い卵、妊娠しやすく、着床し
やすい身体を作って参ります。


子宮内膜症の鍼灸治療臨床例
★美花さん 41歳 主婦  2014年9月18日

同じ様に不妊で悩んでいる方に、少しでも力になれるように体験記を書かせて
頂きます。

タイミングや人工授精で2年間治療してきましたが、もう一歩踏み込んで体外受精
をしようと言う頃、
以前からずっと気になっていた鍼治療も併用しようと考えました。
体外受精をどうしても成功させたかったからです。

HPなどを見て、他とは違った治療をしてくれそうなので、迎春登録灸治療院に
しました。
はじめての鍼治療は緊張しましたが、問診の時の恵先生の優しい励ましに、
金銭的にも苦しいけれど頑張ってみようと思いました。

週に1回で通い続け、最初の生理がすごく軽くなりました。
普段は内膜症もちだったので、生理 1日目は必ず痛み止めを飲んでいましたが、
飲まずに重だるいだけで済みました。

次の周期に体外受精で陽性反応が出ましたが、数値が低く病院の先生からは
「今回は無理かもしれない」と言われ、その後鍼灸院で恵先生にお話したところ
「大丈夫!もう少し回数を 増やして通いましょう」と言われ、ダメもとで通って
みたところ、見事に数値が上がって行きました。
恵先生に報告した所 「これが東洋医学です」と、力強いお言葉が返ってきました。

つわりやお腹の張り、子宮の中に血の塊がある等、不安なことはありましたが、
今は無事299Ogの
元気な男の子が生まれております。
あの時医師の言う通り諦めていたら、この子とは出会えなかったのかと思うと、
諦めずに頑張って
よかったと心から思います。

皆様も諦めずに、がんばってください。
また、妊娠のことぱかり考えずに難しいかもしれませんが、違うことに熱中する
時間も大切かと思います。

 



【返信】美花さん   2014年9月20日
ご丁寧なるお手紙、そしてお写真まで頂きありがとうございます。
スタッフ一同どんなに励みになるか計り知れません。
また、東洋医学というものに触れて頂き、そして実感を体験して下さり
心から嬉しく思っております。
また、内膜症の強い生理痛をお持ちの方々に対し、力強いメッセージと
なっていることにも感謝致します。
半ば諦める方もいらっしゃるかもしれませんが、美花さんの力強いお言葉、
経験が届くことを願ってやみません。
お身体に気を付けて、母子ともにお健やかにすごされますようお祈り申し上げます。


  △『婦人科疾患』TOPページに戻る     △『不妊治療』TOPページに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.