東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
迎春堂鍼灸院について
他院との違いについて
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
不妊鍼灸効果について
安産治療
婦人科疾患
妊娠しやすい体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
不妊ダイエット鍼灸
更年期とその他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ

 

  不妊治療について
 治療理念不妊症あれこれ不育症あれこれ体質改善
 東洋医学(中医学)における不妊症診断 ●中国伝統療法による不妊鍼灸がもたらす効果について
     

   迎春堂鍼灸治療院の不妊治療理論

     中医学の古典『黄帝内経』には、‘月事以時下、故有子’とあります。
     これは、「生理周期が整えば、性腺・卵巣・子宮などの生理活動が正常となり、
     子供を授かる事が出来る」という意味です。これは、不妊治療において、
     生理周期の乱れを調整する事が、いかに大切かを説いているのです。
     
     生理周期を乱す原因は、ストレス、自律神経の失調、ホルモンバランスの異常、
     冷えや血液循環の不良などさまざまです。 当院の不妊治療では、崩れてしまった
     繊細かつ複雑な体内のバランスを修復し、生理周期の正常化を図ります。
     
     このように体内環境をしっかりと整える事ことで妊娠しやすい体をつくり、卵子や
     受精卵の質の向上を図っていくのです。 つまり、赤ちゃんを望むなら、
     まず母体が健康でなければならないということです。 そこが西洋医学的な
     薬物主体の治療と中医学との大きな考え方の違いだといえるでしょう。
 
     以上のような考え方に基づく治療ですので、母体を整える当院の治療を併用する
     ことによって、高度生殖医療での治療効果よりいっそう高めることが可能です。
     現在西洋医学で不妊治療中の方も、ぜひ一度ご相談ください。

     なお、男性不妊についてお悩みの方はこちらのページをご覧ください。


   銀座迎春堂鍼灸治療院の不妊鍼灸治療の特徴
  
不妊鍼灸・東洋医学
  
心と身体の治療・妊娠しやすい身体作り

      脳-下垂体-卵巣など内分泌コントロール系及び自律神経機能の向上、子宮・卵巣
     ・卵管の血液循環を改善して栄養を充分に供給といった骨盤内環境の改善、質の
     良い卵子を育て、着床しやすいお体を作ることを目的としています。
      女性特有の婦人科関連の経絡ツボに、鍼灸(はりきゅう)・吸玉(カッピング)・下腹
     部骨盤マッサージ・漢方 温熱療法を個々の症状や体質に合わせ、当院独自のノウ
     ハウで併用し、崩れた生理周期を修復、またホルモン剤使用などによる副作用を
     軽減、改善し、健康で妊娠しやすいお体を作ります。
      中国伝統療法の不妊鍼灸治療効果を実感して下さい。

   
  迎春堂不妊鍼灸治療院の治療理念


   迎春堂鍼灸治療院の中国伝統療法で期待出来る治療効果

治療内容 適応症 期待効果
脳の反射区に関連する経絡や ツボに鍼を打つ ・脳-下垂体-卵巣のコントロール系の崩れによる疾患・急激な体重変化などによるストレス 性の間脳機能障害・多嚢胞性卵巣症候群や高プロラクチン血症などによる下垂体分泌機能障害 コントロール系の機能を高めることで、自律神経と内分泌のバランスを調整し、卵の発育促進と質の向上、崩れてしまった体内環境を整え、生理周期の正常化を図り、 卵巣機能を高める 
生殖と発育に関連する経絡とツボに鍼を打つ 35歳以上でおりものが少ない、
卵巣機能の低下、卵の質の低下など
腰背及び下腹部など骨盤内臓器に密接な関係のある経絡やツボに、鍼・灸・カッピング・漢方ホットパックを使用 子宮内膜症などの骨盤内臓器の
癒着が起こる疾患
骨盤内の血行を促進し、子宮・卵巣・卵管などの臓器の内環境を整え、卵管の通りを改善、拾卵能力や受精及び着床能力の向上を図る
代謝、特に脂肪代謝に関連する経絡やツボに鍼・カッピング・経絡マッサージ 過食及び内分泌のバランス失調による肥満 ・余分な脂肪の排出を促進し、脳にかかる負担を軽減する
・コントロール機能を活発にし、受精ルートを広く保ち、妊娠しやすい体を作る


 迎春堂鍼灸治療院で行っている不妊治療の一例
これはあくまでも不妊治療の「一例」です。
実際は患者様の生理周期や、高度生殖医療と併用されている場合、治療のタイミングに
合わせるなど、きめの細かい治療を行います。

例)多嚢胞性卵巣症候群
症状 原因 治療法
卵胞が育たない 何らかの原因で、コントロール系や内分泌バランスの失調 コントロール系の機能を高め、
卵の発育や質の向上を図る
卵の排出障害 何らかの原因で、卵巣被膜が厚く  硬くなる 骨盤内循環の改善、
子宮・卵巣・卵管の血流促進、
卵の排出や受精・着床の環境を整える
肥満 体内ホルモン分泌の失調による肥満 脂肪分解代謝を高め、体内の余分な脂肪の排出を促進、肥満による脳への負担を軽減、コントロール系の機能を活発にし、受精ルートを広く保つ


  △ ページのTOPに戻る
 

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.