東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患


 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ



   過去のコラム

     

12月18日
私たちが挨拶でよく使う「元気」という言葉、
実は東洋医学の中で重要な要素であることを御存知でしょうか?
今日は、この「元気」についてのお話をしたいと思います。

東洋医学でいう「元気」(「原気」とも記載されます)は、
生命力の根源で、体内に循環する「気」の源泉にあたり、
この「元気」があるために、人は生きて活動できると考えられています。
「元気」はどうやって作られるかというと、生まれる際に、
両親から半分ずつ分け与えられる「精」を原料に、体内で生成されます。
ただ、両親から頂く「精」の量にも限度があるため、
食べ物で補っていきます。

そして成長し、子供を授かる際にも、この「元気」が必要で、
「元気」が満ち足りた状態でないと、子供は授かりにくいと考えられています。
また、赤ちゃんの「元気」は両親から分け与えられるため、
両親の持つ「元気」の量はとっても大切になります。

当院の不妊鍼灸では、この「元気」の量を増やし、
赤ちゃんが授かりやすい体へと導く治療を行っています。

鍼灸で、「元気」に満ちた体作りを目指してみてはいかがでしょうか?


△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.