東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患


 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ



   過去のコラム

     


 10月8日

 当院は30年以上、東洋医学(中医学)に基づく鍼灸不妊治療に携わってきております。
その中で不妊症の原因として一番多いのが子宮内膜症です。
子宮内膜症は何らかの原因により、子宮の内膜が子宮外に飛び出てしまうというもの
で、子宮や卵巣、子宮と直腸の間が好発部位となっています。子宮は月経によって毎
月繰り返し出血をするのですが、それにより卵巣内に徐々に血が溜まる、卵巣が肥大
する、(チョコレート)膿腫が形成されるなどの症状が起こり、粘着性のある内膜によって
卵管や直腸などの臓器が癒着してしまうのです。また、卵管や卵巣などに貼りついた内
膜細胞からの分泌物が下垂体の内分泌機能を抑制してしまいます。
こうすることで妊娠し難い状態になるのです。
内膜の癒着を改善するために骨盤内の循環を改善して代謝をUP、そして下垂体‐卵巣
の内分泌系コントロールをはかる、これを当院の治療のモットーとしております。




Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.