東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

冬至とかぼちゃ

2017年12月22日は冬至です。

冬至は元々、古来中国の『体に良いものを食べ、ゆっくり養生をする』というお休みの日だったそうです。

また、『陰』が極まり、『陽』に転ずる…『一陽来復』となり、この日を境に運気が上がっていくと言われています。

日本でも冬至には厄よけや無病息災を願う様々な行事が行われています。
かぼちゃを食べたり、柚子湯に入るのも冬至に行われる習慣として有名ですね。

さて、薬膳においては、かぼちゃは夏が旬の野菜にしては珍しく、体をやさしくあたためる温の性質があり、
消化を司る脾を滋養するとされています。

寒さも厳しくなり、また年末年始のイベントなどで胃腸もお疲れになりがちなこの季節。
温かいかぼちゃ料理を食べて身体を労ってあげてくださいね。
△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.