東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH
過去のコラム

   

10月24日

お臍へのお灸

 10月も下旬となり、日に日に寒くなってきました。
冬の寒さ・冷えから体を守り、骨盤内の循環代謝を整え、妊娠しやすい身体つくる治療といえば「お灸」があります。お灸の中でも当治療院では、お臍の上に間接的にお灸を置く「へそ灸」を行っています。

お臍は、胎生時にはここから胎児に栄養を与えるという大事な場所であり、お臍周辺は重要な神経や血管が存在する場所でもあります。

東洋医学では、お臍は「神闕(しんけつ)」という名前がついているツボでもあります。
当治療院では、このお臍のツボにお灸をしていくことにより、骨盤内の循環代謝を整え、子宮・卵巣に良い影響を与え、質の良い卵胞や健康な卵巣にしていきます。
また、お臍は自律神経を司っている経路にあるツボのため、自律神経の正常な働きを促し、お臍を温めることで体に活力を与えていきます。

これからやってくる寒い冬の中でも、妊娠しやすい身体づくりのために、当治療院の不妊鍼灸を取り入れては如何でしょうか。
△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.