東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

6月15日

梅雨は、中国から「梅雨(ばいう)」として伝わり、江戸時代頃より「つゆ」と呼ばれるようになりました。
この時期になると、持病や昔ケガをした場所が痛くなったりします。
肩こり、頭痛、めまい、腰痛、不眠、いつもよりだるさややる気のなさが出るのは皆さん経験されていますね。

これは体に気圧が影響している為です。
気圧の低い時は、体を休めリラックスさせる副交感神経が優位に働いています。
副交感神経が活性化されると筋肉がゆるみ、血管が広がって普段血行が悪くなっているところに違和感を与えているのです。

疲れや不具合を抱える梅雨、快適に乗り切る為にもう一度自分の身体を見直すきっかけに、特に不妊鍼灸治療の方、生活リズムの調整に是非、迎春堂の鍼灸治療をおためし下さい。

△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.