東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患


 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

11月26日

今回は、「性感染症と不妊について」お話します。

 骨盤内に炎症をもたらす疾患は、卵管を詰まらせたり、卵管采によるピックアップ機能が正常に働かないなどと言った「受精障害」をもたらし、不妊の原因としても知られるところです。卵管にまつわる不妊は、全体の約35%と実に多く占められています。
 
クラミジア感染症は現在最も感染者の多い性感染症で、一般女性にも感染が多く、クラミジア・トラコマティス(Chlamydia trachomatis)というウィルスと細菌との中間の大きさの病原体によって起こります。
主たる病変は子宮頚管炎で、症状がほとんどない為治療を受ける機会がないまま、やがて上行感染へと進行していきます。
大事なのは、他の感染症や病気と同様に予防、早期発見、早期治療であり、その中でも特に予防が1番です。心当たりがあれば症状がなくても、受診、検査を受けられることをお勧めします。



△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.