東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

9月30日

睡眠のおはなし

不妊治療のひとつとして「ホルモンバランスを整えることで、
妊娠しやすい、妊娠維持しやすいからだづくり」が挙げられます。
ホルモンバランスは疲労、ストレスの他に夜更かしによっても崩れやすくなります。

そこで、
・遅くともその日のうちにはベッドに入る。
・睡眠時間最低6時間は確保する。
・寝だめはしない。

睡眠不足は東洋医学の側からみると、生殖力と基礎活力をもたらす元気と関わる「腎」の機能を弱めてしまいます。
西洋医学の側からみると、脳のストレスとなり、特にコントロール系の機能を弱め、より排卵障害が発生しやすくなります。
生物時計の秩序を乱し、悪循環を発生させ、なかなか眠くならなずに夜更かしを深刻化させてしまいます。
夜更かしした分長く寝たり、寝だめをしても体のバランスは崩れます。
思いあたる方は、是非みなおしを・・・

△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.