東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

8月26日

今回は『無理なダイエットは不妊の原因に』のお話です。
-極端な食事制限による不妊への影響-
極端な食事制限をしてしまうと、体は「飢餓状態」ととらえ自分の体を守ろうとしたり、また、ダイエット自体にストレスを感じたりすると、生命維持に直接関係のない、脳下垂体からのFSH・LHの分泌が低下し、子宮や卵巣などの妊娠機能を低下させてしまい、ホルモンバランスが崩れ生理周期にが狂いが生じ生理不順などが起こってしまいます。さらに体内のホルモン量が不足してしまい無月経になったり、卵巣機能が低下し無排卵を招かれるなど、深刻な不妊症の原因につながってしまいます。
-妊娠しやすい体のためのダイエット法-
肥満と同じく、「痩せ」もホルモンバランスを崩し不妊症を招くため、ダイエットのやり過ぎも禁物ですよ!。一般的に”標準体重”前後が妊娠しやすい体であると言われています。あくまで標準体重を目指しておこないましょう。
また短期間でおこなうのではなく、日頃から正しい食事法を取り入れ、自然と体重を落としていくとより良いですよ! 
※標準体重の計算法:身長(m) x 身長(m) x 22(BMI標準値) = 標準体重
・ダイエットにお勧めの食事法・
カロリーの摂り過ぎを抑えることと、体に脂肪が蓄積しにくい食生活を送ることがとても重要です。
腹八分目に抑える
1日3食きちんと食べ、間食は控える
時間をかけてよく噛んで食べる
夕食は就寝の2~3時間前までに終える・・・など


△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.