不妊鍼灸東京新橋銀座不妊治療鍼灸院
 

あなたのお悩み迎春堂にご相談ください

 
  •  
    婦人科系疾患、
    ホルモン値の異常がある
  •  
    子宮内膜症・腺筋症が
    ありなかなか妊娠できない
  •  
    甲状腺の病気を持っており、
    妊娠しづらい
  •  
    年齢が原因といわれてしまう
  •  
    もう不妊治療をやめようと思っている
  •  
    妊娠しやすい体質に根本から
    改善したい
  •  
    移植をしても着床せず、
    流産してしまう
  •  
    変形卵や卵子の質が悪い
  •  
    何度検査をしても原因がわからない
  •  
    旦那様の検査の結果が思わしくないが、どうしたらいいかわからない

当院の不妊鍼灸の特徴

西洋医学と東洋医学の知識が豊富だから、より安心!!
鍼灸と中国伝統療法で、子宮、卵巣、精子の若返り
女性鍼灸師

不妊鍼灸弁証鍼

中医学の中で最も経験的で有効な四診法。舌診・脈診、腹診で、体の状態を把握し、診断と治療をします。

about5

子午流注鍼法

伝統的な占い鍼法。時間と空間を合わせ、特定の時間に効果の高くなるツボを予測し、治療に活用します。

about5

頭・卵巣特効鍼

頭皮鍼法は、ホルモンバランスを司る脳(下垂体)と卵巣の内分泌をコントロールし、自律神経の機能の改善をします。

about5

補腎・卵巣若返り鍼

腎は妊娠に大事な臓器。腎の気を高め、卵巣を若返らせ、妊娠しやすい環境にします。

卵子の若返りイメージ
妊娠のご報告!!
 

2017年は242名様

 
   
23才~30才
   
31才~36才
   
37才~40才
   
41才~44才
   
45才~52才
   
自然妊娠
   
人工授精
   
体外受精

妊娠判定は、自然妊娠(自己尿検査、病院での尿検査)、人工授精(病院での尿検査)、体外受精(血液検査にてBHCG値)において、妊娠判定+の場合を妊娠としてカウントしています。

患者様の声

ご本人より、掲載の了承を頂いております

こんにちは。

そちらでお世話になっておりましたM・Oです。

ご報告が遅れましたが、3/19に予定日より2週間ほど早く3,230gの男児を出産いたしました。名前はKです。

37週で高血圧症候群となり入院し、そのまま促進剤を使っての出産となりました。

急激に陣痛が進んだため、1.7リットルも出血してしまったのですが、今は貧血も治り母子共に元気です!母乳もしっかり吸ってくれています。

先生方のおかげでこんなにも可愛い我が子に会うことが出来て、毎日本当に幸せです。ありがとうございました!!

member
member
41才
同じ様に不妊で悩んでいる方に、
少しでも力になれるように体験記を書かせて頂きます。
タイミングや人工授精で2年間治療してきましたが、もう一歩踏み込んで体外受精をしようと言う頃、以前からずっと気になっていた鍼治療も併用しようと考え ました。 体外受精をどうしても成功させたかったからです。
HPなどを見て、他とは違った治療をしてくれそうなので、迎春登録灸治療院にしました。はじめての鍼治療は緊張しましたが、問診の時の恵先生の優しい励ま しに、金銭的にも苦しいけれど頑張ってみようと思いました。週に1回で通い続け、最初の生理がすごく軽くなりました。普段は内膜症もちだったので、生理 1日目は必ず痛み止めを飲んでいましたが、飲まずに重だるいだけで済みました。
次の周期に体外受精で陽性反応が出ましたが、数値が低く病院の先生からは「今回は無理かもしれない」と言われ、その後鍼灸院で恵先生にお話したところ「大 丈夫!もう少し回数を増やして通いましょう」と言われ、ダメもとで通ってみたところ、見事に数値が上がって行きました。 恵先生に報告した所 「これが東洋医学です」と、力強いお言葉が返ってきました。
つわりやお腹の張り、子宮の中に血の塊がある等、不安なことはありましたが、今は無事299Ogの元気な男の子が生まれております。あの時医師の言う通り 諦めていたら、この子とは出会えなかったのかと思うと、諦めずに頑張ってよかったと心から思います。皆様も諦めずに、がんばってください。また、妊娠のこ とぱかり考えずに難しいかもしれませんが、違うことに熱中する時間も大切かと思います。
40代後半
院長先生、小川先生へ
43才より、不妊専門の病院で治療を続けています。7回採卵し、胚盤胞まで2個育ち、それぞれ移植を行いましたが陰性でした。病院の先生には、卵巣に卵が少ないと言われてしまいました。
46才を迎える直前に、それまで通っていた鍼灸院をやめて、迎春堂鍼灸院に通い始めました。通い始めて、体全体の冷たい感覚が失せ、4か月目で 5分割まで育ち、9か月目の採卵で2個取れた中の1個が胚盤胞まで育ちました。採卵前には、主人もお世話になりました。
超高齢でなかなか卵胞が育たないこともありましたが、施術はもちろん、先生、スタッフの皆さんには優しく励まして頂き、大変感謝しています。これから、移植にむけて体を整えながら着床、妊娠にむけて通いたいと思います。
member

不妊中医学「コラム」

冷えは万病の元

『冷えは万病の元』こんな言葉を耳にしたことがあると思います。「冷えイコール寒い」ではありません。冷えは冬だけに起こるものではないのです。夏の冷房でも、冷たい飲み物でも冷えは起こります。体の冷えは、なにより血液の循環を悪くします。    心臓から送り出された血液は、体中に栄養を運びます。  そしてさらに、体の中の老廃物を腎臓や肝臓に運び、体の外に排出する働きをしています。 血液の循環が悪ければ、栄養も運べないし、体の中の老廃物を排出することもできません。  『冷えは万病の元』も頷けます。月経不順や不妊症は、血液の循環が悪いと起こりやすくなると考えられていま...

原因不明の不妊には

一般的な夫婦生活を送っていても、2年以上妊娠しない場合を不妊症といいます。一度も妊娠しないのは、原発性不妊症、妊娠経験はあるものの、その後妊娠しない場合は、続発性不妊症と呼ばれます。原因は、精子または卵子、あるいは男女の生殖器のどちらか、または双方に問題があるためと考えられます。また、これら以外の原因もあります。   原因が明らかな不妊の場合、漢方処方がホルモンの調整能力や妊娠に必要な環境の充実を西洋医薬とともにサポートします。また、原因が明らかではない不妊の場合、女性の寒証や瘀血等が認められることがあり、漢方処方ならびに鍼灸治療が効果的です。   

子午流注(しごるちゅう)とは

最古の医学書である「黄帝内経」に子午流注取穴法が記載されています。 子午流注ができるまで・・・ 古代より中国では人間は自然界の一部であり、人間はその自然環境や時間の影響を大きく受けると考えられてきました。 それらの影響によって変動する体の不調や変化を中国の思想家たちの経験から 哲学・理論が確立されました。 現代でも私たちに馴染みのある占いもその一つです。 子午流注とは・・・ 「子午」は「時刻」を表し、「流注」は「十二臓腑(経絡)」といって体にある ツボの通り道(経絡)の気血の流れを意味します。 中国独特の時間と空間に基づいた計算式(年・月・日・時間)で決められたツボ(最もその時間に活性化するツ...

よくある質問

... 当院では、日本製の細い鍼を(直径0.16mm長さ30mm)の使い捨て鍼を使用しています。
周期によりますが、刺さない鍼も使用します。
ほとんどの方が、痛みをお感じになることはなく治療を受けられています。
はい、できます。
月経中は骨盤及び子宮の血液循環を良くし、子宮内膜の状態がさらに良くなるよう調整、治療していきます。
生理痛も軽減します。
個人ごとのお身体の状態、周期、妊娠手段の予定は違いますので、その時にご希望を伺いながらご提案させて頂いております。目安としては、4つの周期(生理期、卵胞期、排卵期、黄体期)に各1回の週一度のペースをお勧めしております。さらに必要に応じて、予定している採卵前に卵が小さい場合、採卵前に+1回、移植前に内膜が薄い場合に、移植前または当日に+1回をご提案させていただいています。
初診時のみ、問診のお時間を多めに頂きますので、1時間20分とさせて頂きます。
2回目以降は、1時間となります。
着替えをご用意しております。
基礎体温表、病院での検査結果などをご持参ください。
不妊治療に含まれるものは、かっさ、オリジナルレシピのへそ灸、磁気となります。(周期により施術をしないものもありますが、治療代に含まれます)
他にオプション(料金のご案内をご確認ください)で、吸い玉、気功、骨盤調整、漢方オイルリンパトリートメントがございます。
はい、できます。不妊治療にプラスすることもできます。
また、腰痛、肩こり、頑固な頭痛などの痛み、不眠や自律神経のバランスの崩れ、目の疲れ、冷え症、アトピーなどの体質改善、美容鍼、ダイエットなどの対応をしております。ご相談ください。
 

院長・副院長よりあいさつ

 
小川 邦雄

院長

小川 邦雄
多くの女性を妊娠できる身体に変えていくことが、私の毎日の仕事です。
中国では産婦人科医として、日本では鍼灸・マッサージ・指圧師として35年間、不妊と女性疾患の治療実績の中で、迎春堂独自の鍼灸術を考案しました。
・卵巣を活性化し、良質な卵をつくる
・脳を活性化し、機能を高め、ホルモン分泌を良くする
多くの経験を活かし、移植から出産まで、ずっと寄り添います。
小川 恵

副院長

小川 恵
長年の中医師としての経験から、問診・舌診・脈診・腹診より、気血津液の状態を把握し、患者さまの不妊の原因をすぐ診断できます。
迎春堂独自の鍼灸術に中国伝統療法術を合わせ、さらに食事、薬膳茶、漢方薬のアドバイスをしています。
あきらめずに産めるカラダになりましょう。
一生懸命サポートします。
CALL